×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マラセチアは、カビの仲間であるマラセチア属の酵母様真菌が、異常繁殖を起こす事によって生じる真菌性皮膚炎です。

マラセチア酵母菌は、皮脂を栄養源にして繁殖する性質があるため、マラセチア性皮膚炎の犬の多くは、皮脂の多い体質である事が多い傾向にあります。
そのため、マラセチア酵母菌による皮膚疾患を、脂漏症または脂漏性皮膚炎と呼ぶ場合もあります。


犬のマラセチア
皮膚や被毛の除菌、殺菌、消臭に

マラセチアの原因

 

マラセチア菌は、健康な人や犬の皮膚にも存在している一般的な常在菌ですが、皮脂を栄養源にして繁殖する性質があるため、皮脂が多く分泌する体質(脂漏体質)の場合には、過剰に繁殖する場合があります。

 

シャンプーのやりすぎによって皮膚が乾燥しすぎていたり、他の細菌が作り出す毒素や駆虫薬によって皮膚が傷付いていると、皮膚を修復しようとする新陳代謝が活発になるため、皮脂の過剰分泌やフケが多くなるなど、マラセチア菌が繁殖しやすい好条件になる事があります。

 

マラセチア菌の繁殖は、皮下に根を張るようにして菌糸を伸ばしながらゆっくりと感染部を広げていきます。

 

病変部の皮膚は赤く腫れて炎症を起こすため、皮膚が傷付いて他の病原菌にとっても繁殖しやすい環境を作り出します。

 

そのため、アレルギーやアトピーなどの皮膚症状が悪化したり、複数の細菌による複合感染(重複感染)や寄生虫感染を誘発する場合があります。

マラセチア性皮膚炎による、皮膚の痒み、フケ、腫れ、発赤、色素沈着、赤み、黒ずみ、乾燥、湿疹、かさぶた、皮脂異常、脱毛などの病変について